「千差万別」とは?意味や類語を解説!

「千差万別」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「千差万別」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 千差万別
  2. 千差万別とは
  3. 千差万別の由来
  4. 千差万別の使い方・例文

千差万別

この記事では「千差万別(せんさばんべつ)」について解説させていただきます。

みなさんは千差万別という言葉を聞いたことはありますか?四字熟語はあまり日常会話の中で頻繁に使う言葉ではないため聞いたことがないという人も意外と多いかもしれません。

しかし、四字熟語は意味と使い方をしっかりと理解していれば非常に汎用性の高い言葉です。

初めて聞いたという方も今まで曖昧にしか知らなかったという方もこの記事を参考に理解を深めていきましょう。

千差万別とは

まず読み方についてですが「千差万別」は「せんさばんべつ」と読みます。
「せんさまんべつ」ではないため注意しましょう。この読み方で誤っている人は意外と沢山いるようですので、しっかりと覚えましょう。

意味は「さまざまに多くの種類があること」という意味があります。

>

千差万別の類語

千差万別の類語としては
・多種多様
・彩みどり
・バラエティー豊か
など多くの種類があることを意味する言葉が挙げられます。

千差万別の由来

千差万別の由来は漢字の通りであり、千とは数字の1000を意味しておりそれだけ差があるものが存在しており、さらには万つまり10000以上も別のものがある。

異なるものが沢山あるという意味から成り立っている四字熟語となっています。

千差万別の使い方・例文

千差万別の例文についてご紹介させていただきます。

1.この提案については千差万別な意見が寄せられており、非常に助かっている。
2.この店は本当に凄い!千差万別の物が揃っている。こんな品ぞろえのいい店は初めてだ!
3.人と人が出会えばそこに物語は生まれる。人を紡ぐ物語とは千差万別なのである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ