「猪突猛進」とは?意味や使い方を解説!

「猪突猛進」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「猪突猛進」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 猪突猛進
  2. 猪突猛進とは
  3. 猪突猛進の使い方・例文

猪突猛進

この記事では「猪突猛進(ちょとつもうしん)」について解説させていただきます。

みなさんは猪突猛進という言葉を聞いたことはありますか?四字熟語はあまり日常生活の中で多用することはでありませんの、聞いたことがない人も多いかもしれません。

しかし、四字熟語は文字数が少ないので非常に使いやすく、しっかりと意味や使い方を理解していれば非常に汎用性の高い言葉でもあります。

初めて聞いたという方もそうでない方もこの記事を参考に理解を深めていきましょう。

猪突猛進とは

まず読み方についてですが「猪突猛進」は「ちょとつもうしん」と読みます。
あまりに一般的に使う漢字ではないため、読み方に戸惑う人もいるかもしませんので、しっかりと意味を覚えておきましょう。

意味は「周囲からの視線や状況などを全く気にすることなく、一直線に猛烈な勢いで突き進む」という意味があります。

>

猪突猛進の英語

猪突猛進の英語での表現は『Headlong』という「いちもくさんに」という単語や、『Foolhardy』という「無謀な」という単語で表すことが出来ます。

猪突猛進の反対語

猪突猛進の反対語としては『泰然自若』などが挙げられます。

猪突猛進の使い方・例文

猪突猛進の例文についてご紹介させていただきます。

1.本当に君は、彼女のことになるといつもの冷静さが消え去り猪突猛進な性格に豹変するね。
2.考えすぎるのも難題である。時には猪突猛進になってみるのもいいのかもしれない。
3.猪突猛進な奴は周りのことを考えずに勝手に突っ走ってしまうから本当に疲れるよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ