「明暗」とは?意味や使い方を解説

テレビや新聞などで「明暗」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「明暗」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 明暗
  2. 明暗の意味とは
  3. 明暗の使い方・例文

明暗

明暗(めいあん)」という言葉の意味と、明暗を使った文章について解説します。

明暗を分ける~のようなフレーズで使われることが多いのがこの言葉です。一体どういった意味を持つのか、この機会に知ってみましょう。

明暗の意味とは

明暗の意味は「明るいことと暗いこと。転じて、物事の成功と失敗・明るい面と暗い面・幸と不幸」「写真や絵画の色の濃淡・明るさ・暗さの対照」となります。

主に「明暗が分かれる」のように、物事の勝ち敗け・成否などが決まることに対して使う言葉となります。

ちなみに、虚無僧が持っている偈箱にも「明暗」と書かれていますが、これは京都の明暗寺系統の僧であることを主張しているもので、明暗という言葉の意味を持つものではありません。

英語

明暗を英語にすると以下となります。

  • light and shade [darkness]

類語

  • 陰と陽
  • 光と影
  • メリットとデメリット
  • 表と裏
  • プラスとマイナス

明暗の使い方・例文

  1. とある出来事が彼らの明暗を分けた。
  2. 各教科の成績で、はっきり明暗が分かれることとなった。
  3. この写真は明暗がはっきりしている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ