「贖罪」とは?意味や使い方を解説!

「贖罪」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「贖罪」について解説します。

目次

  1. 贖罪
  2. 贖罪とは
  3. 贖罪の使い方・例文

贖罪

贖罪(しょくざい)」という言葉を一度は耳にしたことがあっても、意味について詳しく知らないという人が多いと思います。
覚えておくと、便利な言葉ですよ。
ここでは、「贖罪」の意味や使い方について詳しく解説していきます。

贖罪とは

「贖罪」とは、「金品を出したり善行を積んだりするなどの行動によって、過去に自分が犯した罪や過失を償うこと」という意味あります。

また、キリスト教の用語での「贖罪」は、「キリストが十字架にかかって死を遂げたことにより、全人類の罪を償い、救いをもたらしたという教義」を指す言葉になっています。

贖罪の「贖」には、あがなうという金品などを提供して罪などを償うという意味があります。よく誤読として、あがなうと読む贖をとくと読んで、とくざいと読む人がいます。正しくは、「しょくざい」なので間違いには注意してください。

贖罪の英語

「贖罪」を英語で言うと「atonement for one's sin(s)」となります。atonementには、償いという意味があり、sinには罪という意味があります。直訳すると罪の償いとなり、意訳することにより「贖罪」となるのです。
キリスト教の「贖罪」を英語で表すと、「redemption」となります。redemptionには、あがなうという意味があるので「贖罪」というようになるのです。

贖罪の使い方・例文

  1. 犯罪を犯してしまった贖罪として、刑務所に服役している。
  2. 贖罪の念から、毎週教会に行き懺悔をしている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ