「ため息」とは?意味や使い方を解説!

「ため息」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ため息」について解説します。

目次

  1. ため息
  2. ため息の意味とは
  3. ため息を使った文章・例文

ため息

ため息(ためいき)」という言葉の意味について解説します。

一日に一回以上は何らかの「溜め息をつく」瞬間は誰でも経験があると思います。ため息を吐くことで、疲労感が軽減されることもあります。

この「ため息」という言葉の意味をご存知でしょうか。

この機会に意味を理解してみましょう。

ため息の意味とは

ため息とは「気苦労や失望や感動した時など、緊張が解けた時などに思わずでる大きな吐息」という意味になります。

「ため息・溜め息・溜息」の書き方があります。

溜め息をつくと幸せが逃げてしまうという言葉もあるくらいなので、多くの方が「溜め息」にマイナスのイメージを持っていると思います。

しかし、緊張や疲労の蓄積で呼吸が浅くなっている時に、「ため息」をつくと、バランスが崩れてしまった自律神経の働きを回復させる作用があるそうです。

ため息をついた後の体の状態は良いことばかりのようです。「呼吸が深くなり、緊張がほぐれる」「血管が収縮し、酸素の供給が増える」「副交感神経がしっかり働く」と実はプラスに作用する事ばかりだったようで、いい意味のため息もあるということです。

確かに、長く息をふーっと吐くと、緊張や疲労感やマイナスの気持ちが飛んでしまうこともあります。適度なため息も使い方によっては必要な事ということです。

 

>

ため息を使った文章・例文

<例文>

  1. 過度の緊張とストレスから、大きなため息をついてしまった。
  2. 素晴らしい舞台に、感動のため息が漏れた。
  3. ため息が出る程の演奏に、聴衆は感動の拍手をいつまでも送った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ