「グーパー」で組み分けは?呼び方の違いなどを解説!

みなさん一度は「グーパー」で組み分けをしたことあると思います。「グーパージャス」など場所や地方によって呼び方が違います。この記事では「グーパー」の組み分けについて解説します。

目次

  1. グーパー
  2. グーパーの意味とは
  3. グーパーの由来
  4. グーパーを使った文章・例文

グーパー

グーパー」もしくはグッパーという言葉をTV番組などでも良く聞きますし、使ったことのある方も多くいると思います。

ぐっとぱーで分かれましょうとか言って遊んだ記憶が蘇ってきませんか。

グーチョキパーのじゃんけんは誰でも一度は必ず使ったことがあると思いますが、この「グーパー」の由来や意味を解説します。

グーパーの意味とは

グーパーとは「じゃんけんの変種。多人数を2組、3組に組み分けする時に使う」という意味になります。

地方により、呼び方の違いがあります。「グーパージャス」「グッパでほい」「グーパーエス」「グーパーワイ」「いんじゃんほい」「グーロッパ」などその呼び方やチーム分けする際の掛け声にも違いがあり、その地域性が反映されているようです。

 

グーパーの由来

<由来>
グーとパーで組み分けするのが主流のようですが、グーとチョキが使用されている地域もあるようです。

じゃんけんからの変種でグーとパーを使えば、簡単に組み分け出来る方法として使われるようになったのでしょう。
偶然性を利用することから、公平に分けることが出来る不公平感のない方法と言えます。

<掛け声>
・グーとパーでわかれましょ
・グーとチーで合った人
・ぐっぱー じっけっ じっけった
・グーパージャス!
・グッパでホイ
・グーピーあーわせ
・グッパー グッパー グッパでホイ

グーパーを使った文章・例文

<例文>

  1. あまりにも人数が多いので、グーパーでチーム分けするようにします。
  2. 公平性を守る為には、グーパーで決めるしかないでしょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ