「焦燥感」とは?意味や使い方を解説!

「焦燥感」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「焦燥感」について解説します。

目次

  1. 焦燥感
  2. 焦燥感の意味とは
  3. 焦燥感の類語
  4. 焦燥感を使った文章・例文

焦燥感

焦燥感(しょうそうかん)」という言葉の意味について解説します。

「居ても立っても居られないような焦燥感に駆られる」などという言い方をする「焦燥感」という言葉をご存知でしょうか。

小説などには、頻繁に出てくる言葉ですから、なんとなく分かっている方もいると思います。

この機会に意味を理解してみましょう。

焦燥感の意味とは

焦燥感とは「焦ることで、イライラしてしまう感情」という意味になります。
読み方は「しょうそうかん」です。

「焦」は「あせる。いらだつ。」という意味があります。

「燥」は「躁の代用字で、落ち着かない」という意味があります。

本来の「躁」は常用漢字ではなかったことで、同じ音の「燥」を用いたようですが、意味は「躁」の気分が著しく高揚して落ち着かないが当てはまるのでしょう。

焦燥感は、誰でも焦ったり、苛立つことで落ち着かない状態に置かれることは時々はありますが、これが頻発してくると、一種の精神面で使われる焦燥感になると思います。

焦燥感の類語

<類語>
「切迫感」「圧迫感」「苛立ち」「切羽詰まる」

<英語>
「frustration」「irritation」「inpatience」
「unstressfulness」「uneasiness」

焦燥感を使った文章・例文

<例文>

  1. 時おり、自分でも抑えられないような焦燥感に苛まれる時があるのも否定出来ない。
  2. じっとしていられない程の焦燥感に胸を掻きむしられるようだ。
  3. 絶え間ない焦燥感が繰り返し襲ってくる彼の姿を見てるのは、耐えがたい苦しみがある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ