「終活」とは?意味や使い方を解説!

「終活」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「終活」について解説します。

目次

  1. 終活
  2. 終活の意味とは
  3. 終活を使った文章・例文

終活

終活」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。

2018年のトレンドワードとして注目されている言葉ですが、未だに浸透率は高くなく、意味を知っている人は多くはありません。

2018年以降に使用されることも多くなると予想されるため、しっかり覚えておきましょう。

今回は「終活」について解説していきます。

終活の意味とは

「終活」とは「人生の終末、最期の時に備えて活動すること」です。

元気なうちに、墓や遺産相続などをアクティブに行うことを指して使われる言葉です。

元々は墓や葬儀の予定を立てる、という意味でのみ使用されていましたが「終活」の知名度が上がるごとに介護や遺言、遺産相続など様々な活動が追加されていきました。

一般的に「終活」は早い人で50代から始めるようです。

映画「エンディングノート」で一躍有名になった言葉です。

「就職活動」を「就活」と略すと同義であり、3年前に週刊誌によってつくりだされた造語です。

一見、「就活」の誤字だと思われがちですが「就活」と「終活」は全く違う意味であるため混在しないように注意しましょう。

>

終活を使った文章・例文

  1. そろそろ父には終活をしてもらいたいものだ。
  2. 終活は高齢社会である日本にとって大事なことである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ