「別途」とは?意味や使い方を解説!

「別途」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「別途」について解説します。

目次

  1. 別途
  2. 別途の意味とは
  3. 別途の英語
  4. 別途を使った文章・例文

別途

別途」という言葉について、どの程度ご存知でしょうか。日常会話ではあまり登場しない、ビジネス用語という印象が強いですが、どういった場面で使う言葉でしょうか。
単に「別の」という場合と比べると、どう意味が変わるのでしょうか。

今回は「別途」という言葉の意味や用例、英訳などについて解説します。

別途の意味とは

別途とは「他の方法、他の方面」という意味です。主にビジネスの場面でよく使われる言葉です。
使い方は「別途添付」「別途支給」などで、「別途連絡する」などの副詞的な用法の使い方もされます。

「別の」という言葉とは、意味の広さが違います。別途の「途」には道筋という意味があるため、「別途」は方法や手段といった意味でしか使われません。「別の」はあらゆるものに対して使うことができます。

>

別途の英語

別途を英語で訳すと「separate」です。副詞として訳すなら「separately」となります。
「別途添付した資料」は「Documents separately attached」と訳します。

ビジネス英語ではこれ以外にも固有の言い回しをする言葉が多数あります。たとえば「until further notice」で「別途通知があるまでの間」という訳になり、「UFN」と略して表記されることがあります。よく使われる用例は覚えておきましょう。

別途を使った文章・例文

  1. この仕事の時給は以下の通りですが、交通費は別途支給ですので申請してください。
  2. 質疑応答の時間を別途設けますので、発言はその際にお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ