「覆す」とは?意味や使い方を解説!

「覆す」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「覆す」について解説します。

目次

  1. 覆す
  2. 覆すの意味とは
  3. 覆すの使い方・例文

覆す

「覆す」という言葉について解説します。

読み方は「くつがえす」です。

イメージを覆す、常識を覆すなどと使われるこの言葉ですが、みなさんは正しく把握しているでしょうか。

ビジネスの場面や日常生活でも使うことのある言葉ですので、覆す(くつがえす)の意味や類語、例文などを通して使い方をしっかりと理解してみましょう。

ぜひご覧ください。

覆すの意味とは

覆すは3通りの意味で使われる言葉となっているので、それぞれの意味を使い方を交えながら紹介します。
分けて整理することで、間違いのない使い方をマスターしてみましょう。
 

  • ひっくり返す、裏返す
台風がビニールハウスを覆す、大波が船体を覆す など。
 
  • 倒して滅ぼす、転覆させる
野党が与党政権を覆す、民衆が王政を覆す など。
 
  • 正しいとされていた考え方などを根本から変える
概念を覆す、イメージを覆す、常識を覆す など

ちなみに、覆すの読み方は(くつがえす)ですが、書く際の送り仮名は「す」だけですので注意してください。

>

覆すの類語

覆すの類語として

  1. 転覆(ひっくり返す、裏返すの意味での類語)
  2. ぶち壊す(倒して滅ぼすの意味での類語)
  3. 翻す(考え方を根本から変えるの意味での類語)
などがあります。

覆すの使い方・例文

  • オムレツはお皿を準備しておいてフライパンごと覆すようにするとやりやすい。
  • あのチームの10連覇を阻止して1強の時代を覆すことに成功した。
  • インターネットの登場は、コミュニケーションの概念を覆すような出来事だった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ