「嘆息」とは?意味や使い方を解説!

「嘆息」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「嘆息」について解説します。

目次

  1. 嘆息
  2. 嘆息の意味とは
  3. 嘆息を使った文章・例文

嘆息

皆さんは「嘆息(たんそく)」という言葉をご存知でしょうか。

小説などでよく見かける表現なので、字や読み方をご存知の方は多いと思いますが、意味や使い方までは分からない方も多いと思います。
この記事では「嘆息(たんそく)」の意味や例文、類語である「ため息(ためいき)」との使い分けも合わせて解説させていただきます。

嘆息の意味とは

「嘆息(たんそく)」とは、字の通り「嘆いてため息をつくこと」という意味があります。
時々ですが、「嘆息」の字はそのままに「ためいき」という読み方をする場合もありますので、前後の言葉から判断をするよう注意してください。

また、稀に「嘆息」と「ぜんそく」と読み間違える方がいますが、「ぜんそく」は「喘息」で字も意味も全く違うものなので、気を付けてください。

「溜め息(ためいき)」と「嘆息(たんそく)」は、どちらも大きく言えば溜め息です。
どちらかと言えば、「ため息」は日常的に使う言葉で、「嘆息」はため息の中でも特に「嘆いている」時に出る「深いため息」というニュアンスの違いがあるので、使い分けを意識してみてください。

嘆息の類語

「嘆息」の類語は「ため息」や「吐息」などが挙げられます。

嘆息を使った文章・例文

ここで、「嘆息(たんそく)」を使った例文をご紹介します。

1.あまりの愚かしさに嘆息した。
2.空の美しさに、思わず嘆息が漏れた。
3.嘆息と喘息は別物だ。
4.新社会人にとっての先輩とは、諦観と愚痴、そして嘆息に溢れたものだ。
5.嘆き、苦しんだ時に出るため息を「嘆息」と呼ぶ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ