「摘要」とは?意味や使い方を解説!

「摘要」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「摘要」について解説します。

目次

  1. 摘要
  2. 摘要の意味とは
  3. 摘要の使い方・例文

摘要

「摘要」という言葉について解説します。

摘要欄などと、請求書や仕訳伝票などで見かけることが多いこの「摘要」という言葉ですが、この言葉の正確な意味をご存知でしょうか。

仕事上の簿記で使われることが多いと思いますがので、もし間違ったままや勘違いをしていると重大なミスに繋がりかねません。

ここでは、摘要の言葉の読み方、意味や使い方、また適用と摘要の違いを説明していきますのでぜひご覧ください。

摘要の意味とは

摘要とは「要点を抜き書きすること、またはしたもの」という意味の言葉となり、読み方は「てきよう」です。

「摘」はかいつまんで選び出すという意味を持つ漢字、「要」はそのまま要点という意味なので漢字の面でも意味を押さえておくと分かりやすいかと思います。

簿記の話として、請求書や伝票で「摘要欄」とある場合は、何に対しての請求かなどの要点を書く欄ということになります。

摘要と適用

全く同じ「てきよう」という読み方をするので、混同しないように紹介しておこうと思います。

摘要は前述のように「要点の抜き書き」という意味で、概要、要約といった意味合いが強い言葉です。

一方、「適用」は「あてはめて用いる」という意味の言葉となっており、読みは一緒ですが全く違う意味を持っているので使い分けができるように整理しておいた方がいいでしょう。

摘要の使い方・例文

  • 摘要欄に記載漏れがあると、内容が分からず困ってしまう。
  • 論文には摘要を添えて出すように言われた。
  • 改正法案の摘要を見たところ、市民の負担が増えることになりそうだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ