「洒落込む」とは?意味や使い方を解説!

「洒落込む」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「洒落込む」について解説します。

目次

  1. 洒落込む
  2. 洒落込むの意味とは
  3. 洒落込むの類語
  4. 洒落込むの使い方・例文

洒落込む

洒落込む」という言葉の意味や使い方、類語について解説します。

読み方は、「しゃれこむ」となります。

この「洒落込む」という言葉は、日常生活で使うこともあり耳馴染みがある方が多いのではないでしょうか。

特に、年齢層の高い方は自然に使う言葉かと思います。

一方で、若い世代の方にとっては耳馴染みがあっても実際に使うことは少ないかもしれません。

また、なんとなくこんな意味だろうと予想して使っている方もいると思うので、この機会にしっかりと正しい意味を理解していきましょう。

洒落込むの意味とは

洒落込む(しゃれこむ)という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目の意味は「すっかりおしゃれをしてめかし込む。」という意味になります。

デートや特別な日に、目一杯おしゃれをしている娘に対して、父親が「そんなに洒落込んでどこへ行くんだ。」と聞くというようなシチュエーションで使われます。

そして、2つ目の意味は「普段は、することがないような気の利いたことをすること。」となります。

滅多に旅行へ行かない家族が、「正月はハワイ旅行と洒落込む。」といった使い方をします。
 

>

洒落込むの類語

洒落込む(しゃれこむ)という言葉の類語は、以下になります。

  • 着飾る
  • おめかしする
  • ドレスアップする
  • きめ込む
  • 身繕いをする
  • 美化礼装する
ちなみに、身繕いの読み方は「みづくろい」で、美化礼装の読み方は「びかれいそう」となります。

洒落込むの使い方・例文

  1. たまには洒落込んで出歩かないと、老け込んでしまう。
  2. 普段は家でインスタントラーメンばかり食べている彼が、今日はレストランでディナーと洒落込んでいる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ