「給付」とは?意味や使い方を解説

「給付」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「給付」の意味を解説していきます。また「支給」という言葉との違いについてもご紹介します。

目次

  1. 給付
  2. 給付の意味
  3. 給付と支給の違い
  4. 給付の使い方・文章

給付

給付(きゅうふ)」という言葉の意味について解説します。

「給付金」などの言葉をニュースや地域の役所などで見たことがある人は多いかと思います。給付とはどういう意味なのか、この機会に知ってみましょう。

給付の意味

給付は法律用語で、意味は「債務者の債務の内容及びそれを履行する行為」となります。英語ではPaymentと書きます。

債権者(義務者)が契約に従って行う行為が給付です。給付金であれば、債権者が該当する人物に対して現金を支給するという行為になります。

給付と支給の違い

似た言葉に支給がありますが、厳密に言うと給付とは意味が違います。給付の場合は「本人の申請があってから支払う」のに対し、支給は「申請のあるなしに関わらず支払う」となり、意味が変わってくるので注意しましょう。

給付の使い方・文章

  1. 一人暮らしで所得が少ないため、臨時福祉給付金が給付された。
  2. 海外では、最低限度の生活を保障するために現金を給付するベーシックインカムという制度を設けている国もあります。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ