「オタク」とは?意味や定義を解説!

「オタク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オタク」について解説します。

目次

  1. オタク
  2. オタクの意味とは
  3. オタクの定義
  4. オタクを使った文章・例文

オタク

皆さんは、「オタク」という言葉をご存知でしょうか。
「ヲタク」と書かれることもありますが、ドラマ「電車男」で一気に認知度が高まりました。
しかし定義は曖昧で、まだまだ意味が分からない人もいると思います。

この記事では、「オタク」の意味や定義について解説させていただきます。

オタクの意味とは

「オタク」とは、「自分の趣味や興味のある分野に極端に傾倒する人」のことを指します。
例えば、アイドルのファンの中でも異様な熱量で応援する人や詳しい人、グッズを大量に集める人を「アイドルオタク(ドルオタ)」と呼びます。
同じように、アニメファンの中でも知識が深かったりフィギュアやグッズをたくさん持っている人を「アニメオタク(アニオタ)」と呼びます。
「ヲタク」はどちらかと言えば揶揄する意味合いが強いので、場を悪くしたくないのであれば「オタク」と呼ぶ方が無難でしょう。

>

オタクの定義

「オタク」という言葉の定義や、似た意味を持つ「マニア」との違いは、実は非常に曖昧なものです。
どちらも「自分の趣味に詳しい、傾倒している人」という意味です。
人によって解釈が違うので、特に「コレ!」と言った違いは難しいのですが、言語的に明確な違いが定義できるそうなので、この記事ではそちらを解説します。

かつて「スクール革命」という番組があり、その中で「オタク」という言葉が出ました。
言語学者の金田一秀穂先生の解説によると、
「マニアは一つに熱中する人」
「オタクは一つにしか興味を持てない人」
という違いがあるそうです。
つまり、「マニアは周りが見れる」「オタクは周りが見えない」ということです。

オタクを使った文章・例文

ここで、「オタク」を使った例文をご紹介します。

1.私、こう見えてオタクなんだ。
2.オタクを自称するアイドルが苦手だ。
3.オタクへの風当たりが厳しすぎる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ