「理解」とは?意味や使い方を解説

「理解」という言葉は日常的によく使われている言葉ですね。この記事では「理解」の意味や使い方を解説していきます。また理解の同意語や例文についてもご紹介します。

目次

  1. 理解
  2. 理解の意味
  3. 理解の使い方・例文

理解

理解」という言葉の意味について解説します。

「そういうことね、理解した」といった感じによく使われる理解という言葉の意味を理解していますか?簡単なようで意味が深いこの言葉について、この機会に知ってみましょう。

理解の意味

理解の意味は「物事の道理や筋道が正しく分かること、意味や内容を飲み込むこと」「他人の気持ち・立場を察する」となります。英語では「Understanding」と書きます。

単純に「分かる」という意味で使っている人が多いですが、実際は分かるよりも深く認識するという意味の言葉となっています。といっても、日常生活の中では深く考えずに使って問題ないですし、言い換えることの出来る言葉も多いです。目上の人と話す時など、言葉遣いに気をつけたい時に使うと良いと思われます。


理解の対義語についてですが、特に定義されていないようです。強いて言うのであれば、不動作の名詞として「無理解」となるでしょう。

同意語

  • 把握
  • 認識
  • のみこむ
  • 分かる
  • 解す
  • 気付く
  • 察知

理解の使い方・例文

  1. 復習することで、授業だけでは理解できなかった公式が理解できた。
  2. 彼らの話は内輪話ばかりで、私だけが理解の外だ。
  3. 現状を理解するのに、多少の時間を必要とした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ