「既読」や「未読」とは?意味や使い方を解説!

「既読」や「未読」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「既読」や「未読」について解説します。

目次

  1. 「既読」や「未読」
  2. 「既読」や「未読」の意味とは
  3. 「既読」や「未読」を使った文章・例文

「既読」や「未読」

既読」と「未読」という言葉があります。

LINEのテキストチャットをやっている人にはお馴染みの言葉でしょうし、この言葉そのものの意味も読んで字の如くなので、大して難しいものではありません。

ただ、携帯でのコミュニケーションがメールからLINEに移ったことで使われる機会が一気に増えたため、LINEをやっていない人とそうでない人でイメージに差が出る言葉でもあります。

そんな「既読」と「未読」について詳しくご紹介していきます。

「既読」や「未読」の意味とは

既読と未読は、それぞれ「すでに読んだ」ことと「まだ読んでいない」を意味する言葉で、主にSNSアプリのLINEの機能にある相手が自分のメッセージを読んだどうか分かる機能のことを指します。

相手に届いたことしか分からなかったメールと違い、LINEで送ったテキストに既読とつけば、相手が自分のメッセージを読んでいることが分かるようになっているため、サービス開始当初から安心できる新種の機能として注目されました。

一方で、読んでいるのに返事を返さない既読無視と、そもそも読もうとすらしない未読無視という言葉も生まれ、一部ではいさかいを生む機能でもあるという認識がされています。

>

「既読」や「未読」を使った文章・例文

  1. いつも既読無視をするたんぱくな女子だったが、初めて既読がついてすぐに返事をくれてドキドキしてしまった。
  2. 既読無視も未読無視もそこまで気にならないが、適当な返事をされるとイラっときてしまう。
  3. メッセージを送ったのに、いつまで経っても既読にならない。また未読無視か。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ