「ライトノベル」とは?意味や使い方を解説!

「ライトノベル」という言葉をご存知でしょうか。よく聞く言葉だと思いますが、ライトなノベルとは具体的にどういうものを指すのかご存知ない方も多いはず、この記事では「ライトノベル」について解説します。

目次

  1. ライトノベル
  2. ライトノベルの意味とは
  3. ライトノベルを使った文章・例文

ライトノベル

ライトノベル」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

ネット記事などで「あの人気ライトノベルがアニメ化!」や、「ラノベ原作の大人気アニメの第2シーズンがスタート」という見出しを見たことがあることは多いかと思います。

またライトノベルとはなんのことか知っていても、「ライト」とはつまりどういうことなのか知らない方も少なくないはず。

ここではそんな「ライトノベル」について詳しくご紹介していきます。

ライトノベルの意味とは

>

ライトノベルとは、厳密な定義付けはされていませんが、主に「若年層を対象にした軽めの小説」のことを指します。

もちろん若い世代に限定して書かれているわけではありませんが、傾向として中高生などの若い人に向け、文体や会話文、物語が軽妙なタッチで仕上げられており、また多めに入っている挿絵、装飾などに美少女が描かれていることが多いなどの特徴がある作品のことを指します。

その読みやすさを指してライト(軽め)のノベル(小説)だという風に言われる傾向にあります。

また、「ラノベ原作のアニメ」という表現にもあるように、深夜枠でアニメ化される作品のほとんどがライトノベルを原作としているのも特徴です。

ライトノベルを使った文章・例文

  1. ずっと改行多めのライトノベル小説を読んでいたせいか、新聞の凝縮された文字列に目がちかちかするようになった。
  2. 文章が全体的に硬かったが、会話文が軽妙洒脱で、まるでラノベのような感覚で読めた。
  3. ライトノベルが純文学より劣っているという論調には頭っから否定して構わないと思う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ