「手を打つ」とは?意味や使い方を解説!

「手を打つ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「手を打つ」について解説します。

目次

  1. 手を打つ
  2. 手を打つの意味とは
  3. 手を打つを使った文章・例文

手を打つ

皆さんは、「手を打つ(てをうつ)」という言葉をご存知でしょうか。
「それで手を打とう」など、ビジネスシーンでの合意に使われる言葉なので、知っている人は多いと思います。

この記事では、「手を打つ(てをうつ)」の意味を解説させていただきます。

手を打つの意味とは

「手を打つ(てをうつ)」には、複数の意味があります。

感情が昂り、手を打ち合わせ鳴らす動作
何かに合意すること
将来について考え、対策をすること
の三つです。

ビジネスにおいて、代金や交渉の条件に合意する際に「それで手を打つ」などの言い方をします。
「先手を打つ(せんてをうつ)」のように、未来に起こり得る問題の対策をすることも「手を打つ」と言いますので、前後の文から読み取るようにしてください。

また、ニュースなどで「頭を強く打つ」と聞いたことがあると思います。
「頭部が陥没している」「原型を留めていない」といった状況を説明する為の隠語として使われています。
これは視聴者を不快にさせない為の隠語で、「手を打つ」とは関係の無い言葉です。

>

手を打つを使った文章・例文

ここで、「手を打つ(てをうつ)」を使った例文をご紹介します。

1.分かった、500万で手を打とう。
2.様々なトラブルを想定して手を打たないと、何が起こるか分からない。
3.対戦相手がどんな手を打って来るか予測しないと、勝てる試合も勝てないぞ。
4.こんな安い値段で手を打つなんて、何を考えているんだ。
5.宿題を教える代わりにジュースを奢ってもらうことで手を打った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ