「終焉」とは?意味や使い方を解説!

「終焉」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「終焉」について解説します。

目次

  1. 終焉
  2. 終焉(しゅうえん)の意味とは
  3. 終焉を使った文章・例文

終焉

「終焉」という言葉について解説します。

一つの時代が終焉を迎えた。などと、一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。

漢字や文脈からなんとなく「終わり」という意味の言葉として把握しているとは思いますが、ここで紹介する意味や使い方を通して一度しっかり整理してみてください。

終焉(しゅうえん)の意味とは

>

終焉(しゅうえん)とは「死を迎えること」「生命が終わること」「臨終」「末期(まつご)」という意味の言葉となっています。

死や臨終という意味の言葉ですが、現代では小説や文章で「物事が終わることの比喩表現」として用いられることの方が多くなってきています。

終焉の類語

「臨終・末期」の意味での類語

  1. 永眠
  2. 絶命
  3. 逝去
  4. 往生際
「物事の終わりの比喩表現」としての類語
  1. 終結
  2. 閉幕
  3. ラスト
  4. 最後

終焉を使った文章・例文

終焉の使い方としては今では「物事の終わり」の比喩として使うのが一般的になっています。ここでは、その意味での使い方・例文を紹介していきます。

 

  • 老若男女問わず日本全体が熱狂したブームも、とうとう終焉を迎えてしまった。
  • 今回のサッカーワールドカップは、一つの時代の終焉を意味していたのかもしれない。
  • ベルリンの壁が壊される映像は、悲しい時代の終焉を如実に物語っていた。
  • 彼が文学賞をもらうのは小説が終焉を迎えた証拠だという人もいるが、私はそう思わない。

基本的に終焉という言葉は、簡単に終わりを迎えない物に対して使われます。

人間、人間関係、時代、ブーム、政治などが挙げられますが、今日が終焉する、彼女との終焉を迎えたという風には使わないので注意しましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ