「何卒」とは?意味や使い方を解説

「何卒」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「何卒」の意味や使い方を解説していきます。また何卒の語源についてもご紹介していきます。

目次

  1. 何卒
  2. 何卒の意味
  3. 何卒の語源
  4. 何卒の使い方・例文

何卒

何卒(なにとぞ)」という言葉の意味について解説します。

ビジネスにおいてよく使われる言葉がこの「何卒」です。目上の人や取引先の方との話やビジネスメールにおいて「何卒よろしくお願いいたします」といった風に使っている人は多いと思いますし、注意書きなどでも「何卒ご了承ください」なんて一文が書かれていたりしますね。

この何卒という言葉、ビジネスの場で聞くからとなんとなくで使っていませんか?もし何卒の意味をご存知なければ、この機会にぜひ知ってみましょう。

何卒の意味

何卒の意味は「相手に対して、強く願う気持ちを表す」「どうか・どうぞ」となります。

どうか・どうぞと同じ意味ではありますが、これらの言葉よりも改まった場面で使われるのが何卒です。ビジネスの場において使われる「何卒よろしくお願いいたします」は、「どうか、よろしくお願い致します」というわけですね。演劇・時代劇においても村人などの地位の低い人が殿様に「何卒、何卒!」といった感じで必死にお願いをしているシーンを見たことはないでしょうか。あのように、強い気持ちを表すのが何卒という言葉です。

何卒の語源

「何(なに)」「卒(とぞ)」のどちらも読み方は訓読みなので、漢字自体の意味を合わせて考えるのは不適切です。日本語の「なに」「と」「ぞ」のそれぞれの意味を見てみましょう。

「なに」は代名詞で、お願いする間柄のことになります。「と」は格助詞で、その事柄の話となります。「ぞ」は係助詞で、その事柄の話を強調しています。つまり、「お願いする事柄についてどうか」という意味になります。

何卒の使い方・例文

  1. 何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
  2. お手数をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。
  3. ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ