「異彩」とは?意味や使い方を解説!

「異彩」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「異彩」について解説します。

目次

  1. 異彩
  2. 異彩の意味とは
  3. 異彩の類語
  4. 異彩の使い方・例文

異彩

異彩」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「いさい」となります。

よく「異彩を放つ」といった表現をします。

この「異彩」という言葉は、「異才」や「偉才」など、同じ読み方でも違う漢字表現の言葉が存在します。

異才と偉才は同じ意味になりますが、異彩はこの2つの言葉とは意味が異なります。

今回は、「異才」や「偉才」との違いも含めて、「異彩」という言葉について詳しく解説します。

異彩の意味とは

>

異彩(いさい)とは「通常とは違った色どり。際立って優れている様子。」という意味になります。

そして、よく使われる「異彩を放つ」という表現は、「通常とは違った色や光を放っている様子。多くのものや人の中で際立って見える様子。」という意味になります。

異彩と異才と偉才の違い

異彩と読み方が同じ言葉の「異才」と「偉才」の意味について解説します。

異才・偉才とは「人並みではない優れている才能。また、その持主。」という意味になります。

使い方としては、「偉才を発揮する。」や「異才の少年。」といった表現などがあります。

異彩と読み方は同じですが、意味は異なるので、混同しないよう気を付けたいところです。

異彩の類語

異彩の類語は以下になります。

  • 異形
  • 異能
  • 異色
  • 異端
  • 異質

異彩の使い方・例文

  1. 芸術家の彼は、幼い頃からその才能をいかんなく発揮し異彩を放っていた。
  2. 独創的な作曲センスのある彼女は、歌手デビューが決まる前から異彩を放っていた。
  3. 古民家や老舗が立ち並ぶ街に、新しくオープンした西洋建築のカフェは一際異彩を放っている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ