「晒す」とは?意味や使い方を解説!

「晒す」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「晒す」について解説します。

目次

  1. 晒す
  2. 晒すの意味とは
  3. 晒すを使った文章・例文

晒す

晒す」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は、「さらす」となります。

漢字がやや複雑で読み方も少し難しい言葉です。

この言葉は、一般的な日本語として日常会話で使わますが、最近ではSNSやTwitterで用いられることが多いです。

また、漢字では「晒す」以外に「曝す」と書く場合もあります。

今回は、「晒す」について詳しく解説します。

晒すの意味とは

晒す(さらす)という言葉の意味は、7つあります。

まず、1つ目は「日光や雨風が当たるままの状態にしておくこと。」という意味になります。

2つ目は「布や紙などを水洗いして、日に当てたり薬剤処理をするなどして白くすること。漂白すること。または、染め物や食品などを水を使って洗い流すこと。

3つ目は「大根や玉ねぎなどの野菜の辛みや苦みを取る目的で水に浸すこと。

4つ目は「日光に当てること。干すこと。

5つ目は「広く多くの人々の目に触れる状態にすること。

この5つ目の意味は、SNSやTwitterなどで特定の人物や団体の発言などをリツイートまたは、拡散するなどして、広く多くの人の目に触れさせるという意味でも使われます。

続いて、6つ目は「危険な状態に置くこと。

7つ目は「丹念に見ること。

このように、晒すという言葉には幅広い意味があります。

>

晒すを使った文章・例文

  1. 染み抜きをした衣類は、日当たりの良いところに晒しておこう。
  2. 日当たりの良い場所に晒され、水を与えられなかった植木は枯れてしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ