「灼熱」とは?意味や使い方を解説!

「灼熱」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「灼熱」について解説します。

目次

  1. 灼熱
  2. 灼熱の意味とは
  3. 灼熱の使い方・例文

灼熱

灼熱(しゃくねつ)」という言葉をご存知でしょうか?
「灼熱の太陽」や「灼熱の恋」などと使われるので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
今回は「灼熱」について解説します。

灼熱の意味とは

「灼熱」とは、「温度がものすごく高いこと、また金属などが焼けて熱いこと」です。
「灼熱の太陽」や「灼熱した青銅」などというように使います。

また、心を揺さぶるような激しい感情の動きを表します。
「灼熱の恋」などがこれにあたります。

>

「灼熱」に似た意味の言葉

「灼熱」に似た意味の言葉には以下のようなものが挙げられます。

【温度がものすごく高いこと】
・焦熱 (例文)焦熱の溶岩がゆっくりと辺りを飲み込んでいった。
・酷熱 (例文)ラクダに乗り酷熱の砂漠を行く。
・過熱 (例文)速度を上げるごとにエンジンが過熱して耳障りな音を立てた。
・業火 (例文)瞬く間に業火の炎が燃え広がり、屋敷は焼け落ちていった。

【激しい感情の動き】
・情熱 (例文)タンゴは情熱的な恋のダンスだ。
・熱烈 (例文)熱烈な愛の言葉をささやく。
・白熱 (例文)議論は次第に白熱していった。
・激情 (例文)それを目にした途端、私は激情の波にのまれ、立っているのがやっとだった。

「灼熱」の対義語

「灼熱」の対義語は「極寒(ごっかん)」です。

極寒 【意味】ものすごく寒いこと。
   【例文】極寒のフィンランドでオーロラを見た。

灼熱の使い方・例文

1.灼熱の太陽の表面温度は約6000度。最も温度の低い黒点で約4400度です。
2.灼熱した鉄をハンマーで叩き、成形していく。
3.灼熱の恋に身を焦がす。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ