「デスゲーム」とは?意味や使い方を解説!

「デスゲーム」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「デスゲーム」について解説します。

目次

  1. デスゲーム
  2. デスゲームの意味とは
  3. デスゲームを使った文章・例文

デスゲーム

デスゲーム」という言葉は、語感からなんとなく意味を想像できますが日常生活ではあまり聞くことがない言葉かもしれません。

「デスゲーム」はマンガや小説、ゲームなどのジャンルの一つです。一定のファンを持つジャンルとして多くの作品が作られていますので意味を知っておいて会話に出てきた時に困らないようにしておきたいですね。

この記事では「デスゲーム」の意味や使い方、例文などを解説します。

デスゲームの意味とは

>

「デスゲーム」は「小説やマンガ、アニメ、ゲームなどのジャンルの一つ。複数のキャラクターが死の危険を感じながら様々な目的に向かっていく場面などを描いたもの」です。

「デスゲーム」のわかりやすい例で先駆けと言われているものは、社会現象にもなった「バトルロワイヤル」です。小説、映画、マンガなど様々なバージョンが発売されています。孤島に連れ去られた1クラスの中学生が残り一人になるまで殺し合う内容です。

現在では、バトルロワイヤルのような形のものがある一方、SF的な要素を含んだものなど多彩な作品が発表されており人気ジャンルの一つとして多くのファンを魅了しています。

死という極限状態にさらされることが作中で多くなるため、読者に対して発せられるメッセージも強力な作品が多くなっていると言えるでしょう。

デスゲームを使った文章・例文

  1. 最近のアニメでは主人公が命のかかった極限状態にさらされるデスゲームのジャンルが多い。
  2. デスゲームは非現実的な内容となりがちなのでバランスを取るのが難しいジャンルでもある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ