カーネーションの花言葉は?色によって変わる?

カーネーションの花言葉について解説します。カーネーションは白、黄色、ピンク、赤など様々な色があり、それぞれで花言葉の意味が変わってきます。カーネーションの色別の意味をしっかりと理解しておきましょう。

目次

  1. カーネーション
  2. カーネーションの花言葉
  3. 母の日への贈り物として

カーネーション

みなさんは「カーネーションの花言葉」についてご存知でしょうか?

贈り物で花を送るときに花言葉を知っていたほうが、花を選ぶときにも意味のある花を選ぶことができるので、より自分の気持ちを伝えやすくなります。

ぜひ今回カーへーションの花言葉についてしっかりと理解しておきましょう。

カーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉はカーネーションの色ごとに違いますので、色別にそれぞれご紹介させて頂きます。

赤のカーネーション

赤のカーネーションの花言葉は

  • 母への愛
  • 愛を信じる
というような意味合いになります。「母への愛」という意味からも母の日に送る花として選ばれています。

濃い赤のカーネーション

同じ赤でも色味が濃くなると

  • 哀れみ
  • 欲望
というような意味合いとなりますので注意しましょう。

黄色のカーネーション

黄色のカーネーションの花言葉には注意しましょう。

  • 軽蔑
  • 嫉妬
のような花言葉の意味となります。

白のカーネーション

白のカーネーションの花言葉は

  • 純粋な愛
  • 愛情は生きている
のような意味合いとなります。

紫のカーネーションの花言葉

紫のカーネーションの花言葉は

  • 気品
  • 誇り
という意味となります。

ピンクのカーネーション

カーネーションといえばピンクという方もいるかと思いますが、ピンクのカーネーションの花言葉は

  • 熱愛
  • 感謝
  • 美しいしぐさ
  • 気品
というような意味合いとなります。マイナスの言葉がないので、カーネーションをプレゼントする際にも選ばれやすい色となっています。

青のカーネーション

青のカーネーションの花言葉は

  • 永遠の幸福
という意味となっています。

共通

カーネーション共通での花言葉としては「」となっています。

  • 純粋な愛情
  • 無垢な愛情
のような意味がありますので、大切な人への贈り物としてもカーネーションは人気です。

母の日への贈り物として

以前から母の日への定番のプレゼントとしてカーネーションがありました。昔は「赤」「白」など色をしっかりと選んで送っていましたが、最近では多彩な色のカーネーションが登場していて特に色にこだわって送るという意識が若干薄れつつあります。

もちろんプレゼントを貰えば嬉しいのは間違いないですが、自分の気持をしっかりと伝えたい場合は、花言葉の意味もしっかりと理解して送ると、より良いプレゼントになるかと思います。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ