「銀木犀」とは?花言葉や金木犀との違いを解説します!

「銀木犀」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「銀木犀」について解説します。

目次

  1. 銀木犀
  2. 銀木犀とは
  3. 金木犀と銀木犀の違い
  4. 銀木犀の花言葉とは

銀木犀

銀木犀」という言葉の意味について解説します。

「銀木犀」とは、ある植物なのですが、皆さんはご存じでしょうか。

読み方は「ギンモクセイ」となります。

金木犀という植物は比較的ポピュラーで、特徴のある香りからご存じの方も多いかと思います。

金木犀も銀木犀も同じモクセイ科の植物です。

今回は、そんな金木犀と銀木犀の違いや、銀木犀の花言葉などについて詳しく解説します。

この機会に「銀木犀」について深く知っていきましょう。

銀木犀とは

銀木犀(ギンモクセイ)とは、モクセイ科モクセイ属の植物です。

原産地は中国で、開花時期は9~10月となります。

毎年開花時期になると、白い花を咲かせます。

英名は「Silver Osmanthus,fragrant olive」です。

>

金木犀と銀木犀の違い

同じモクセイ科に属する金木犀と銀木犀の大きな違いには、まず花の色が挙げられます。

金木犀は、色鮮やかなオレンジの花を咲かせるのに対し、銀木犀は白い花を咲かせます。

また、金木犀は花が密集して咲いているのに対し、銀木犀は枝の先端に花をひとつずつ咲かせるという違いもあります。

銀木犀の花言葉とは

銀木犀は「初恋。高潔。あなたの気を引く。」という花言葉を持ちます。

銀木犀が真っ白な花を咲かせることが由来で、高潔という花言葉になったとされています。

また、中国の女性は、デート前に銀木犀が入ったお酒を飲み、甘い香りを纏っていたという話があります。

そのような逸話から「あなたの気を引く」という色気のある花言葉になったとされています。

新着一覧

最近公開されたまとめ