「裏口入学」とは?意味を解説します!

「裏口入学」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「裏口入学」について解説します。

目次

  1. 裏口入学
  2. 裏口入学の意味とは

裏口入学

裏口入学」という言葉は、昔からよく聞く言葉でいつの時代も批判の対象になっていますね。学校だけではなく、会社に入る際に「裏口入社」が行われることもあるようです。

コネ入社やコネ入学などという言葉を聞くこともありますね。

「裏口入学」は日常生活で頻繁に使う言葉ではありませんが、大学の不正入学事件などが起こると聞く言葉なので意味を知っておきたいですね。

この記事では「裏口入学」の意味や使い方、関連語などを解説します。

裏口入学の意味とは

>

「裏口入学」の意味は「権力者の口利きや賄賂などにより、不正に学校に入学すること」です。

主に二つのパターンがあります。一つは、財力で不正に入学するパターンです。大学など学校側の関係者に賄賂を送ることで懐柔し、テストの結果いかんにかかわらず入学できるように段取りを組んでおく方法です。

もう一つがコネを使う方法です。「コネ」とはコネクションの略で、縁故や親しい関係のこと。学校関係者に自分の親戚や知人がいた時に、そこにお願いをしてなんとかねじ込んでもらう方法ですね。

「コネ」の場合には、コネ入学よりもコネ入社の方がよく聞くのではないでしょうか。大学などの入学試験の場合には不正をして気づかれた場合には事件になります。しかし、入社試験の場合は評価基準があいまいな場合が多く、たとえコネ入社があったとしてもわかりにくいです。

しかし、裏口入学にしても裏口入社にしても後ろめたい気持ちを持ちながらいるのは大変辛いものですから、自力で入るように頑張りたいところです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ