「快諾」とは?意味や使い方を解説!

「快諾」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「快諾」について解説します。

目次

  1. 快諾
  2. 快諾の意味とは
  3. 快諾の類語
  4. 快諾を使った文章・例文

快諾

快諾」という言葉の意味や類語、使い方について解説します。

読み方は「かいだく」となります。

この「快諾」という言葉は、ビジネスの場などの改まった場面で使用されることが多いです。

よく「ご快諾頂きありがとうございます。」といった使い方をします。

「喜んで引き受ける」や「喜んで承知する」といった意味合いになりますが、皆さんは詳しい意味をご存知でしょうか。

大切な場面で使用する言葉なので、この機会に意味をしっかりと理解しておきましょう。

快諾の意味とは

快諾(かいだく)とは「依頼や申し入れを喜んで承知すること。引き受けること。承諾すること。」という意味になります。

使い方としては「昔の部下から資金援助の申し入れがあったので快諾した。」といった使い方になります。

この「快諾」という言葉を敬語で使用する場合には、「ご快諾」となり「無理なお願いをご快諾頂きありがとうございます。」といった表現になります。

 

快諾の類語

「快諾」という言葉の類語は、以下になります。

  • 了承
  • 承知
  • 承諾
  • 承認
  • 許可
  • 認可
  • 応諾
  • 受諾
  • アクセプト
  • 甘受
  • 容認
  • 承服

快諾を使った文章・例文

  1. この度は、無理なお願いにも関わらずご快諾頂きありがとうございます。
  2. 昔、私の部下だった者が会社を開業することになり、資金を融資してほしいと言うので、快諾した。
  3. 残念ながらその要望は、私どもの会社でも快諾することはできません。
  4. いくら懐が深い取引先でも今回の提案を快諾してもらうことは難しいかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ