「小手先」とは?意味や使い方を解説!

「小手先」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「小手先」について解説します。

目次

  1. 小手先
  2. 小手先の意味とは
  3. 小手先の使い方・例文

小手先

小手先(こてさき)」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「こてさき」となります。

この「小手先」という言葉は複数の意味がありますが、主に「小才」といった意味で使用されることが多いです。

よく、「小手先の技術」や「小手先のテクニック」といった使い方をします。

軽い才能といった意味で、皮肉を込めて使用されることが多い言葉でもあります。

したがって、会話の中で使用する際には相手に失礼にあたる場合があるので、注意が必要です。

また、複数の意味がある言葉は、前後の文脈から正しい意味を汲み取る必要があります。

今回は、そんな「小手先」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

小手先の意味とは

>

「小手先(こてさき)」という言葉の意味は、大きく分けて3つあります。

まず、1つ目の意味は、「手先。手の先の方。」となります。

次に、2つ目の意味は、「小才。手先でするようなちょっとした技術や才覚。」となります。

使い方としては、「小手先のテクニック。」といった表現になります。

この場合、軽い才能という意味で、皮肉を込めて使用されることが多いです。

そして、3つ目の意味は「その場しのぎの軽い考え。長い目で見る深い考えがないこと。」となります。

使い方としては、「小手先の教育方針では、才能が育たない。」といった表現になります。

小手先の使い方・例文

  1. 彼は、小手先のテクニックで難を逃れることが多い。
  2. 小手先の技術だけでは、それなりのものしか作ることができない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ