「女心と秋の空」とは?意味や使い方を解説!

「女心と秋の空」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「女心と秋の空」について解説します。

目次

  1. 女心と秋の空
  2. 女心と秋の空の意味とは
  3. 女心と秋の空を使った文章・例文

女心と秋の空

女心と秋の空」という言葉について解説します。

昔から、秋になるとこの言葉をよく見聞きするのではないでしょうか。

現代では男や女といった性別を扱った言葉は避けられる傾向にあるので、若者の方には馴染みがない言葉かもしれませんが、

秋になると出くわすことも増える言葉だと思いますので、ここで一度意味を把握してみてください。

もちろん、見聞きしたことがあるという方も、今一度意味や使い方を整理してみる感じでご覧いただければと思います。

 

女心と秋の空の意味とは

女心と秋の空とは、「変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気だ」という意味をたとえた言葉となっています。

秋の空模様というのは、晴れたり雨が降ったりと一日のうちでも移りやすいため、このようにたとえられるようになったといわれています。

ちなみに、男心と秋の空という言葉もあり、女性から見て、男性の愛情は秋の空のように変わりやすい。という意味ですが、

男心が愛情を主にしているのに対して、女心と秋の空は女性の愛情だけではなく感情の起伏も変わりやすいという意味合いを持っています。

「女心と秋の空」「男心と秋の空」二つの言葉があるというのは、結局、異性の気持ちは分かりにくいものだということかもしれませんね。

>

女心と秋の空を使った文章・例文

  • まぁそんなに悩むなよ。女心と秋の空っていうだろ、結局どうなるかなんて分からないもんなんだよ。
  • 女心と秋の空とはいっても、こうも感情の起伏が激しいと疲れ果ててしまいそうだ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ