「糧となる」とは?意味や使い方を解説!

「糧となる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「糧となる」について解説します。

目次

  1. 糧となる
  2. 糧となる(かてとなる)の意味とは
  3. 糧となるを使った文章・例文

糧となる

糧となる」という言葉に就いて解説します。

この言葉は、日常生活の中でみなさんもしばしば見聞きしたことがあると思います。

「今は面倒臭いと感じるかもしれないけれど、きっとあなたの糧となることだから」といった感じに使われる「糧となる」という言葉ですが、

この言葉の意味をきちんと把握しているでしょうか。だいたいの雰囲気で意味は掴んでいるとは思いますが、ここで一度しっかりとした意味を知っておきましょう。

この記事では、そんな「糧となる」という言葉について、意味や使い方などを紹介していきますので、

ぜひ最後までご覧いただき、整理してみてください。

糧となる(かてとなる)の意味とは

糧となる(かてとなる)の「糧」の意味として

  1. 主食となる食糧
  2. 精神や生活の活力や成長の源泉
  3. 携帯の食糧
といった3つの意味が挙げられます。
元々は食料という意味の言葉でしたが、そこから転じて活力や成長の源泉という意味を持つようになりますした。

このことを踏まえた上で、「糧となる」の意味は、
  • 成長のするための元になる
  • 自分の力となる
ということになります。糧となるは、食べられるという意味ではなく、ポジティブな意味の言葉となっています。

あなたの糧となることだから。といった場合は「あなたの力になること」「あなたの成長に役立つこと」といった意味になることが分かると思います。

意味的には割と柔軟に使われていて、たとえば「失敗を糧として」といった場合では「教訓として」「活かして」というように受け取ることもできるかもしれません。

>

糧となるを使った文章・例文

  • どんなことが起きてもポジティブに受け入れられれば、自分の糧となるだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ