「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」とは?意味や使い方を解説!

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」について解説します。

目次

  1. 彼を知り己を知れば百戦殆うからず
  2. 彼を知り己を知れば百戦殆うからずの意味とは
  3. 彼を知り己を知れば百戦殆うからずを使った文章・例文

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉について解説します。

この「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」は、スポーツや面接など試合や相手があるものの話題の中でよく耳にすることわざではないでしょうか。

割と登場頻度が高いことわざの一つといったイメージがありますが、みなさんはこのことわざの意味をしっかり把握できているでしょうか。

言葉からなんとなく意味は想像つくと思いますが、ここで一度きちんと整理してみましょう。

ここではこのことわざの意味や使い方を紹介していきますので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

彼を知り己を知れば百戦殆うからずの意味とは

彼を知り己を知れば百戦殆うからずとは「敵についても、味方についても情勢をしっかり把握していれば、何度戦っても敗れない」という意味のことわざとなっています。

中国春秋時代にまとめられた兵法書「孫子」に出てくる言葉として有名な一節としてご存知の方もいるかと思います。

彼=相手・敵 己=自分・味方の両方についてしっかりと知っていれば(情勢把握)ば百回(何度)戦っても危なくない(敗れない)という、戦いに臨む際の心構えを説いた言葉なので、スポーツの試合などとの相性が良く、頻繁に使われているようです。

この言葉は前後に、味方のことだけ知っていては勝ったり負けたりするため勝負がつかず、どちらのことも知らなければ必ず敗ける。という意味の言葉があるので、併せて覚えておいてもいいかもしれません。

他にも現代に通ずる言葉が孫子にはあるので、興味がある方は調べてみてください。

>

彼を知り己を知れば百戦殆うからずを使った文章・例文

  • 面接でも「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」まずは会社のことをよく知ることが大切だ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ