「セレモニー」とは?意味や使い方を解説!

「セレモニー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「セレモニー」について解説します。

目次

  1. セレモニー
  2. セレモニーの意味とは
  3. セレモニーの使い方・例文

セレモニー

皆さんは、「セレモニー(ceremony)」という言葉をご存知でしょうか。

オープニングセレモニーなど日常的に使われる言葉なので、見聞きしたことのある方がほとんどだと思います。

この記事では、「セレモニー」の意味を解説させていただきます。

セレモニーの意味とは

>

「セレモニー(ceremony)」とは、「式典」「儀式」という意味です。

「セレモニーが開かれる」と言えば、「式典が開かれる」という意味になります。

商業施設などの新規オープンも、それを記念した式典を開きます。これをオープニングセレモニーと言い、簡単な出し物や挨拶などを行います。

プロ野球においての始球式も、試合開始前の一つのセレモニーと言えます。
また、式典と儀式は似ているものですが、宗教的な意味合いが強くなると儀式と呼ばれるようになります。

日本においてはオープニングセレモニーや結婚式などのおめでたい意味で使われることが多いですが、単語の意味としてはお葬式などの式典全般に使われます。

セレモニーの語源はラテン語で、古代エトルリアの主要都市である「カエレ(Caere)」が由来とされています。

セレモニーの使い方・例文

ここで、「セレモニー(ceremony)」を使った例文をご紹介します。

1.今日はオープニングセレモニーの予行演習が行われる。
2.記念セレモニーのお陰で我が社は大きな宣伝ができた。
3.セレモニーは午後5時から行われる予定だから、それまでに準備を整えておこう。
4.母校で行われるセレモニーの為に帰省した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ