「スポークスマン」とは?意味や使い方を解説します!

「スポークスマン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「スポークスマン」について解説します。

目次

  1. スポークスマン
  2. スポークスマンの意味とは
  3. スポークスマンの使い方・例文

スポークスマン

皆さんは「スポークスマン」という言葉をご存知でしょうか。

政治や経済に関心のある方なら、聞いたことがあるかもしれませんね。

今回は「スポークスマン」という言葉について詳しく解説します。

スポークスマンの意味とは

>

スポークスマンとは「政府や団体の意見や所信を表明する担当者。代弁者。」という意味です。

かつては「スポークスマン」はその役割に就いた男性を指す言葉であり、女性の場合は「スポークスウーマン」と言っていたようです。
しかし性別を区別しないという観点から「スポークスパーソン」や「スポークスピープル」という呼び方が広まっているようです。
また「スポークスマン」という言葉自体が、「man」が性別を問わず「人」を表す言葉であるとの解釈から、男女両方を指す言葉として使われるようになっています。

似た使われ方をされる言葉に「アンバサダー」があります。
意味は「大使。使節。」「代表。代理人。」です。
企業に任命されて商品やブランドなどを宣伝する役割の「宣伝大使」「イメージキャラクター」という意味でも使われます。
所属団体の意志を代弁する役割を持つ「スポークスマン」は、伝達内容を正確に伝えなければなりません。
それに対して「アンバサダー」は、消費者に親しみやすいように商品などの宣伝をするのが役割です。

スポークスマンの使い方・例文

  1. 政府のスポークスマンの発表によれば、国際的な事件の影響で経済が停滞しているという。
  2. 彼はスポークスマンとしての役割を忠実にこなしているので、上層部から重宝されている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ