「ニアミス」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ニアミス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ニアミス」について解説します。

目次

  1. ニアミス
  2. ニアミス(near miss)の意味とは
  3. ニアミスを使った文章・例

ニアミス

ニアミス」という言葉について解説します。

「いや~、この前彼女とデート中に部長とニアミスしてたらしくてさぁ、危なかったよ」なんて使い方をするこの言葉。

みなさんも一度は見聞きしたり、使ったりしたことがあるのではないでしょうか。

割と日常の中でも使う言葉でありますので、意味や使い方も把握されているかもしれません。

ですが、身近な言葉ほど実はなんとなく分かっている気がしているけれど、実はよく知らないなんてことがありがちです。

今一度ここでおさらいしてみましょう。

ということで、ここではそんな「ニアミス」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

ニアミス(near miss)の意味とは

>

ニアミス(英・near miss)とは

  1. 飛行中の航空機どうしが、接触の危険が生じるほど接近すること。異常接近。
  2. (1の意味から転じて)俗に、人間同士が近づくこと。また、すれ違うこと。本来は近づいてはいけない場合や、偶然にすれ違っていた場合などにいう。
という意味の言葉となっています。

他にも、目標達成間近で惜しくも失敗してしまった。という意味や、正解に近いけど間違い。といった場合にもニアミスと使ったりもするようです。

惜しくも失敗してしまう。という意味で使うことは少ないかもしれませんが、覚えておいてみてはいかがでしょうか。

航空機のニアミスはよくあっては困りますが、人同士のニアミスは至る所で起こっていそうです。

会ってはならない人、居てはならない場所でのニアミスは、案外大事故に発展しますのでご注意を。

ニアミスを使った文章・例

  • 不倫旅行中に妻とニアミスしていたことが分かり、生きた心地がしなかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ