「ジェラシー」とは?意味や使い方を解説します!

「ジェラシー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ジェラシー」について解説します。

目次

  1. ジェラシー
  2. ジェラシーの意味とは
  3. ジェラシーの使い方・例文

ジェラシー

皆さんは「ジェラシー」という言葉をご存知でしょうか。

英語で「jealousy」と書く言葉ですが、認知度は高めと思われます。
歌詞などによく出てくるからでしょうか。

今回は「ジェラシー」という言葉について詳しく解説します。

ジェラシーの意味とは

>

ジェラシーとは「嫉妬。ねたみ。やきもち。」という意味です。
英語では「jealousy」と綴ります。

もっとわかりやすく説明すると「自分より優れた者をうらやんだり、ねたんだりする気持ち」「愛する者の心が他に向くのを恨む気持ち」を指す言葉です。

日本語の「嫉妬」の英訳であり全く同じ意味であるため、どちらを使っても構いません。
使い分けとしては「嫉妬」と書くよりも、カタカナ語の「ジェラシー」と書いた方が語感が軽く、かわいらしく柔らかい印象になるという効果があります。

「ジェラシー」の意味の中にある「やきもち」は、漢字表記にすると「焼き餅」です。
動詞を付けると「焼き餅を焼く」となります。
なぜ「焼き餅を焼く」ことが「嫉妬する」という意味になるのかというと、「嫉妬する」を言い換えると「妬く」になるからです。
「妬く」は「やく」と読むので、「焼く」の同音異義語となります。この「やく」の掛け言葉に「餅」を付け足して洒落言葉としたのが「焼き餅を焼く」という言葉なのです。
こちらも「嫉妬する」より柔らかめの表現として使われることが多いです。

ジェラシーの使い方・例文

  1. 同期の彼女の才能にはついジェラシーを感じてしまう。
  2. 恋人とその幼馴染の仲の良さにジェラシー中である。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ