「顕在化」とは?意味や使い方を解説!

「顕在化」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「顕在化」について解説します。

目次

  1. 顕在化
  2. 顕在化の意味とは
  3. 顕在化を使った文章・例文

顕在化

顕在化」という言葉について解説します。

顕在化という言葉は日常生活ではなかなか使うことが無いかもしれませんが、かっちりした書物やビジネスシーンなどでは多々登場する言葉だと思います。

最近では「パワハラ以外にも様々な問題が顕在化した」といった感じで、労働問題の話題で目にすることが増えてきたという方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな「顕在化」という言葉について、意味や使い方、例文などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧になって、正確な意味を整理、把握してみてください。

 

顕在化の意味とは

顕在化とは「隠れていたものがはっきりと現れること、明らかになること」という意味の言葉となります。

この言葉は「見えていなかったものが」はっきり形になって現れるという「」部分が大切な言葉といえます。

さきほど出た「パワハラ以外にも様々な問題が顕在化した」といった場合、「パワハラ以外の隠れていた問題がはっきりと現れた」という意味になります。

 

>

顕在の対義語

顕在の対義語は「潜在」となります。

潜在の意味は「表に出てこないで隠れていること」なので、顕在の対義語であることが分かると思います。

顕在化する物事のほとんどは、その前の状態が潜在的だったものなので、この顕在と潜在の関係は一緒に覚えておくといいかもしれません。

顕在化を使った文章・例文

  • 独裁政治によってたまった市民の鬱憤がいよいよ顕在化してきた。
  • 隠れた需要を顕在化させたという意味では今回の企画は大成功といえそうだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ