「コネクション」とは?意味や使い方を解説!

「コネクション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コネクション」について解説します。

目次

  1. コネクション
  2. コネクションの意味とは
  3. コネクションの使い方・例文

コネクション

皆さんは「コネクション」という言葉をご存知でしょうか。

分からない方も、「コネ」と言えばピンとくるでしょう。

良いコネを持っていれば、積極的に利用したくなるものです。
しかし相手の都合を考えねばなりませんし、法に触れるような行為は控えねばなりませんね。

今回は「コネクション」という言葉について詳しく解説します。

コネクションの意味とは

>

コネクションとは「接続、連結、連絡、繋がり」などの他に「有益に利用することができる関係」という意味があります。

英語では「connection」と綴ります。

日本語でコネクションというと、もっぱら二つ目の意味で使われます。
短く「コネ」とも言い、「自分は○○にコネがある」などというように使います。

組織の上層部など権力を持った立場の人間の中に親しい間柄の人物がいて、その人物に頼めば簡単に有益な効果を得ることができる。そういった関係の相手がいるということが「コネがある」ということです。

英語のconnectionにも全く同じ意味があります。

しかも、単に「関係性」という意味で使う場合は複数形にならない不可算名詞ですが、「コネ」という意味で使うと可算名詞となり単数形「a connection」または複数形「connections」という形になります。

この「コネ」という言葉がいかに特殊か、ということがよくわかる例ではないでしょうか。

コネクションの使い方・例文

  1. 大抵の政治家というのは警察組織とコネクションがあるので、生半可なことでは逮捕されない。
  2. 先輩後輩のコネクションを利用して、入社志望の企業を見学させてもらった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ