「バジェット」の意味とは?意味や使い方を解説!

「バジェット」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「バジェット」について解説します。

目次

  1. バジェット
  2. バジェットの意味とは
  3. バジェットを使った文章・例

バジェット

バジェット(英:budget)」という言葉について解説します。

「バジェットを決めるのにスケジュールを空けるように伝えて。」「上司にバジェットが決まってない事を布告した。」などと使用されるこの言葉。

皆様は見聞きした事があるでしょうか?予算?経費?なんてイメージのある方も多いのではないでしょうか?

ビジネスシーンで使用されることが多いこの言葉、知ってる人も、知らない人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんなバジェットという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

バジェットの意味とは

バジェット(英:budget)とは「予算や経費、運営費、生活費、国の予算案を指し名詞として使用される。ビジネスシーンでは形容詞として使われる。」という意味の言葉となっています。

身近で使用する事があるとすれば、ビジネスシーンで使用するかと思います。

予算や経費の相談や会議が必要な時などに、多く使用されます。
「これだけのバジェットでは、正直実現は不可能。」「バジェット決めずに、このミーティングは進められない。」などと使用するのですが、皆さんは使用するシーンがありそうですか?

同僚や上司に予算や経費について、話を持ち掛ける際にこの「バジェット」という言葉使用してみてはどうでしょうか?

>

バジェットを使った文章・例

・バジェットがは決まったので、最高のイベント進行に務めましょう。
・追加で製造となると、予定していたバジェット内でぎりぎりできるかどうか・・・。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ