「クーデター」の意味とは?意味や使い方を解説!

「クーデター」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「クーデター」について解説します。

目次

  1. クーデター
  2. クーデターの意味とは
  3. クーデターを使った文章・例

クーデター

クーデター(coup d'Etat)」という言葉について解説します。

「結局、クーデターを阻止する事は出来なかった。」「清盛は、11月4日にクーデターを起こすこととなった。」などと使用されるこの言葉。

皆様は見聞きした事があるでしょうか?

武力行使のイメージが強いこの言葉。どんな意味を持った言葉なのでしょうか?

知っている人も、知らない人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんなクーデターという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

クーデターの意味とは

クーデター(仏:coup d'Etat)とは「フランス語で「国家に対する一撃」「国家に対する打撃」という意味。暴力的な手段の行使、武力によって非合法的に政権を奪取すること。」という意味の言葉となっています。

はい、武力行使ですね。もとはフランス語で、coup d'Etatは「国家に対する打撃」という意味を持っているこのクーデターという言葉。

皆様が普段から頻繁に使用するタイミングは、中々ないと思いますし、見聞きする事が多くるような世界になってほしくないとも願っていますが、ニュースなどで見聞きする事はあるかもしれませんので、この言葉の意味を覚えておくと、世界状勢なども理解しやすくなるかもしれません。

私もたまに、飲みすぎ!食べ過ぎ!遊びすぎ!と、どんどん自分の領域に侵略してくる家族や友人に、クーデターを起こしそうになります。なんとも小さく狭い世界で生きておりますが、皆さんにもそんな小さくても幸せな世界が存在しますように。それでいいんです、それで・・・。

>

クーデターを使った文章・例

・クーデターの計画をしていると密告があったため、阻止できた。
・クーデター計画をたてた首謀者をわりだした。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ