「クレバー」の意味とは?意味や使い方を解説!

「クレバー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「クレバー」について解説します。

目次

  1. クレバー
  2. クレバーの意味とは
  3. クレバーを使った文章・例

クレバー

クレバー(英:clever)」という言葉について解説します。

「私の弟はクレバーだ。」「クレバーな彼氏だからこそ、色々な事を教えてくれるし尊敬できるの。」などと使用するこの言葉。皆様は見聞きした事があるでしょうか?

利口?などとイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

知っている人も、知らない人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんなクレバーという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

クレバーの意味とは

クレバー(英:clever)とは「賢い、利口、才気ある、頭が良いを指す。抜け目ない、ずる賢いという意味も指す。」という意味の言葉となっています。

「本当にクレバーな彼女だよね?」「クレバーな彼がいれば何とかなる。」などと使用します。

利口で、賢い人は、周りに居ませんか?もしもいるのなら、その人が「クレバー」です。

中々普段使用する事は少ないかもしれませんが、あなたの周りにいる頭の良い友人や同僚に使用してみてはどうでしょうか?

ずる賢い人にも、嫌味たっぷりに使える言葉のようですが、なんだか品位にかけるので、できればよい意味で使用していただけたらと思います。

周りに、そんなクレバーな人が沢山いるかもしれませんが、もしかすると、あなたが陰で優秀で頭のいい人→クレバーだと言われているかもしれませんね。

>

クレバーを使った文章・例

・このプロジェクトにクレバーな彼女を、参加させないなら私もおります。
・クレバーな人だからこそ、普段は少しぬけてる所もより愛おしく思える。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ