「リーク」の意味とは?意味や使い方を解説!

「リーク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リーク」について解説します。

目次

  1. リーク
  2. リークの意味とは
  3. リークを使った文章・例

リーク

皆さんは「リーク」という言葉をご存知でしょうか。

ニュースなどでよく見る言葉ですが、何を意味しているのか正確に知っている方はどのくらいいるでしょうか?

今回は「リーク」という言葉について詳しく解説します。

リークの意味とは

リークとは「漏れること。特に、秘密や機密を漏らすこと。」「漏電すること」という意味です。
英語では「leak」と綴ります。

「leak」という英単語の意味は、「水やガスなどが漏れる、漏らす」「秘密が漏れる、漏らす」です。
一つ目の意味においても水漏れや雨漏り、ガス漏れといった好ましくない現象を表現することが多く、「せき止めていたものが少しずつ漏れ出してしまう」というネガティブなイメージの言葉だと言えます。

「リーク」という言葉がよく使われるのは、企業や政府などの非公開情報が漏洩するという場面です。
これが起こる原因は、主にネットワークセキュリティの脆弱な部分を突いて侵入した第三者によって情報が盗み出されることによるものです。
また、内部の関係者によって第三者に漏らされるというパターンもあります。

機密情報の漏洩はかなりの問題を引き起こします。
より深刻な被害が出るのが国家機密や個人情報の漏洩で、生活や身の安全に関わる事件につながる可能性もあります。
「リーク」が起こる状況は、多くの人にとっては歓迎されないものなのです。

>

リークを使った文章・例

  1. エンタメ分野で未発表情報がリークされると、デマとの区別がつかないこともある。
  2. 社外秘の計画書が一部マスコミにリークされた。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ