「そうは問屋が卸さない 」とは?意味や使い方を解説!

「そうは問屋が卸さない 」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「そうは問屋が卸さない 」について解説します。

目次

  1. そうは問屋が卸さない
  2. そうは問屋が卸さない の意味とは
  3. そうは問屋が卸さない を使った文章・例文

そうは問屋が卸さない

そうは問屋が卸さない」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

日常生活でこの言葉に触れる機会はそう多くはありませんが、この言葉が示す状況には度々直面するため、どういうことを意味する言葉か知っておくと良いことがあるかもしれません。

また、そもそも問屋がなにか分からないという方も少なくないかと思いますので、問屋についても解説していきます。

ここでは「そうは問屋が卸さない」について意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

そうは問屋が卸さない の意味とは

そうは問屋が卸さないとは、「物事はそう簡単には運ばない」という意味になります。

問屋とは主に江戸時代に存在した職業のことを指し、現代でいう卸売業者にあたります。酒問屋や米問屋など、それぞれ問屋ごとに専門とする商品があったとされています。

その問屋が、良い物や高級な物を簡単に安値で売ることはないという意味から、物事はやすやすと進むことはないという意味になります。また、都合よく考えている相手の思い通りにさせないという意志を表す際にも用いられます。

問屋は商品を卸すものなので、「卸さない」という表現がされますが、中には「そうは問屋が許さない」という表現が

>

そうは問屋が卸さない を使った文章・例文

  1. 手ごろな安値でスチーム掃除機を買いたいが、そうは問屋が卸さないもので、眼鏡に叶う商品が全然見当たらない。
  2. 今年の戦力なら地区大会程度はやすやすと勝ち進められるかと思ったが、1回戦から苦戦を強いられ、やはりそうは問屋が卸さないようだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ