「不祥事」とは?意味や使い方を解説

「不祥事」という言葉をニュースや新聞で見たことはないでしょうか。「○○企業が不祥事」など。この記事では「不祥事」の意味や類語、使い方について解説していきます。

目次

  1. 不祥事
  2. 不祥事の意味とは
  3. 不祥事の類語
  4. 不祥事を使った文章・使い方

不祥事

不祥事(ふしょうじ)」という言葉の意味について解説します。

「社員が不祥事を起こす」といったような使われ方をする不祥事という言葉があります。皆様はこの不祥事という言葉の意味をご存知でしょうか。この機会に意味を理解してみましょう。
 

不祥事の意味とは

不祥事の意味は「関係者にとって好ましくない事件や事柄」となります。
読み方は「ふしょうじ」です。

一定の社会的地位を持つ個人や企業・団体などが起こした、社会の信頼を失わせるような出来事・醜聞・スキャンダルのことです。
企業が起こした場合は、企業不祥事という言い方をします。

信用を失墜させるような行動をすることを意味します。

不祥事の類語

不名誉な出来事としての類語
 「汚行」「汚職」「無道」「疑獄」「不祥」「不埒」「不道」
 「不正事件」「スキャンダル」

良くない行動としての類語
 「問題行動」「不届きな行為」「問題行為」

失言が招いた失態や災難としての類語
 「舌禍事件」「失言騒動」

人の迷惑になるような事件を起こす類語
 「事件を起こす」「問題を引き起こす」「トラブルを起こす」「揉め事を起こす」
 「不始末を起こす」「大きな影響を与える」「波紋を広げる」「物議を醸す」



  

不祥事を使った文章・使い方

  1. 学校始まって以来の不祥事が起こった。
  2. 不祥事故が起こるような予兆を感じていた。
  3. このような不祥事を起こしては、企業の信頼は揺らぐ。
  4. あんなに真面目な人が、こんな不祥事を起こしてしまうとは。
  5. 彼があの不祥事に巻き込まれてしまったのは必然なのか。
  6. 度重なる不祥事を起こしておいて、よく平気でいられるものだ。
  7. 不正・隠蔽までと幅広く定義していたのに、役職員の不祥事件は起きた。
  8. 不祥事案防止にさらなる協力が必要です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ