「流儀」とは?意味や使い方を解説!

「流儀」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「流儀」について解説します。

目次

  1. 流儀
  2. 流儀の意味とは
  3. 流儀を使った文章・例文

流儀

流儀」という言葉について解説します。

流儀と聞いてピンとくるのはやはり、NHKの仕事人のこだわりや生き様を追ったドキュメント番組「プロフェッショナル~仕事の流儀~」という方は多いのではないでしょうか。

あまり日常会話などでは登場しない言葉なので、流儀の意味は?となるとはっきりと答えにくいかもしれません。

ここではそんな「流儀」という言葉について、意味や使い方、例文などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧になって、きちんと整理、把握、理解していただき、しっかりと使えるようにしてみましょう。

流儀の意味とは

流儀とは「物事のやり方」「技術、芸能などでその人や流派に伝わっている様式、手法」という意味の言葉となっています。

流儀と流派と出てきて、ごっちゃになってしまいそうですが、流派の意味は「流儀の違いから区別される系統」なので、流派の中に流儀があるといった感じになります。

ちなみに、プロフェッショナル~仕事の流儀~というタイトルにある仕事の流儀の意味は「その人の仕事のやり方、こだわり」といった意味になりそうです。

流儀という言葉はあまり見かけることは少ないかもしれませんが、物事のやり方という点では、冠婚葬祭、家の中のルールなども含まれるので、かなり身近にあるものと言えます。

>

流儀を使った文章・例文

  • あの番組は仕事に対するその人の流儀を通して生き様に迫る見応えのあるドキュメンタリーだ。
  • 郷に入っては郷に従えという言葉があるように、田舎には田舎の流儀があり、それは尊重しなければならない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ