「ニキ」とは?意味や使い方を解説!

2chなどのネット掲示板やSNSでよく見かける「ニキ」という言葉があります。昔からよく使われる言葉のため覚えておくと便利です。今回は「ニキ」について解説していきます。

目次

  1. ニキ
  2. ニキとは
  3. ニキの使い方・例文

ニキ

ニキ」という言葉の意味について解説します。

「日本の歴史に自信ニキ」みたいな形で、ニキというネット用語を見たことはないでしょうか。人のことを指す言葉という感じはしますが、それがどういった意味なのかは分かりづらいですよね。

皆様は、このニキという言葉の意味をご存知でしょうか。
もしご存知でなければ、この機会にぜひ知ってみましょう。

ニキとは

ニキとは「アニキ(兄貴)」の略称で、「頼りになる人」といった意味合いで使われる言葉です。

ニキという言葉は、2chの「なんでも実況J(ジュピター)」という板から広まったネット用語です。

起源は阪神タイガースの金本知憲監督で、金本監督は現役時代に、勝負場面でしっかりヒットを打つなどチームメイトから頼りにされていて、その活躍ぶりから「アニキ」と呼ばれていました。そこから派生して、頼りになる人のことを「~ニキ」と呼ぶようになったのです。

よく使われる「自信ニキ」というのは、その分野に自信のある人という意味になります。困ったときに自信ニキに助けを求める人は、ネット上でよく見かけますね。

他にも、「ニキ」の女性版である「ネキ」も存在します。ネキは「アネキ(姉貴)」の略称で、ネキの使い方はニキと同じです。ただし女性に対してニキを使うこともあります。

どういった女性にニキを使うのかと言うと、女性離れした活躍をしている人・男性に負けず劣らずの女性に使われています。例を挙げると、レスリングの吉田沙保里選手などは敬意を込めて「吉田ネキ」と言われていることが多いですね。

ニキの使い方・例文

  1. 今日はAニキのおかげで助かったよ、ありがとう。
  2. また自撮りしてるの?自分に自信ニキすぎるだろう…。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ