「マヤる」の意味とは?意味や使い方を解説!

「マヤる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マヤる」について解説します。

目次

  1. マヤる
  2. マヤるの意味とは
  3. マヤるを使った文章・例

マヤる

マヤる」という言葉について解説します。

みなさんはネットやSNSなどでこの「マヤる」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

この言葉は主にネット上で使われるいわゆるネットスラングと呼ばれるものです。

「あの子はすぐマヤる」といった形で使われますが、知らない方にとってはなんのことだか分からないかもしれません。

ということで、ここではそんな「マヤる」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

マヤるの意味とは

マヤるとは「(主に何かをアピールする目的で)上手に演技すること・迫真の演技を見せること」という意味で使われるネットスラングです。

この言葉に馴染みのない方にとっては、なぜ演技することをマヤるというのか、全くピンと来ないと思います。

このマヤるという言葉、語源としてはガラスの仮面の登場人物「北島マヤ」からきています。

北島マヤのように、天才的に演じる、憑りつかれたかのような演技することを「マヤる」と言います。

ガラスの仮面から来ていることから分かるように、主に女性が使うことが多いようです。

ちなみに、自分の要求を通すために、自分の都合よくするために、といった意味合いも含まれているので、少し腹黒い言葉とも言えそうです。

>

マヤるを使った文章・例

  • 旦那の両親は完全に私の味方なので、旦那が酷いことをするってマヤったら速攻で旦那が叱られてた。
  • 嫁いびりをしてくる義母のことを義父にマヤったらすぐにいびりが無くなった。こんなことなら我慢せずにすぐにマヤれば良かった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ