「心許ない」とは?意味や使い方を解説!

「心許ない」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「心許ない」について解説します。

目次

  1. 心許ない
  2. 心許ないの意味とは
  3. 心許ないの使い方・例文

心許ない

心許ない」という言葉の読み方や意味、使い方について解説します。

この「心許ない」という言葉は、主に「頼りなくて不安である。」という意味で使用されますが、皆さんはご存知でしょうか。

読み方は「こころもとない」となります。

また、似た言葉に「心許り」があります。

今回は、心許りについても解説するので、この機会に「心許ない」について詳しく知っていきましょう。

心許ないの意味とは

>

心許ない(こころもとない)という言葉の意味は、大きく分けて3つあります。

まず、1つ目の意味は「気づかわしい。頼りなくて不安である。」となります。

使い方としては「懐が心許ない。」といった表現が一般的です。

一般的に、この1つ目の意味で使用されることが多いです。

続いて、2つ目の意味は「もどかしい。待ち遠しい。じれったい。」となります。

使い方としては「大切な人から連絡がこなくて心許ない。」といった表現が一般的です。

そして、3つ目の意味は「はっきりしない。」となります。

この「心許ない」という言葉は、気持ちが先走り落ち着かない様子が原義となっています。

願望や期待が強いことから1つ目と2つ目の意味になり、加えて、様子がわからないところから、3つ目の意味としても使用されるようになりました。

また、心許ないと似た言葉に「心許り(こころばかり)」があります。

心許りとは「わずかに心の一部を表したもの。」という意味で、主に贈り物をする場合に謙遜して使用する言葉です

心許ないの使い方・例文

  1. 大事なプレゼンを新入社員の部下に任せるのは心許ない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ