「ハッシュタグ」とは?意味や使い方を解説!

Twitter・InstagramなどのSNSで「ハッシュタグ」という言葉を見かけることがあります。SNSをやるうえで理解しておくと便利な言葉です。この記事ではそんな「ハッシュタグ」について解説します。

目次

  1. ハッシュタグ
  2. ハッシュタグとは
  3. ハッシュタグの使い方・例文

ハッシュタグ

ハッシュタグ」という言葉の意味について解説します。

ハッシュタグは、ツイッターやインスタグラムにおいてよく見かける機能の一つです。

皆様はこのハッシュタグとはどういうものかご存知でしょうか?
もしご存知でなければ、ぜひこの機会に意味を知ってみましょう。

ハッシュタグとは

ハッシュタグとは「#(シャープ)記号がついたキーワード」のことを指します。

例えばツイッターでサッカーの話題をつぶやく時に「#サッカー」のようにタグ付けを行うと、#にくっつけた言葉がハッシュタグ化され、他のユーザーがそのハッシュタグで検索して関連するつぶやきを見つけることができるようになる機能です。タグ付けする際は、#(シャープ)○○と書いたハッシュタグの前後に半角スペースを入れて、他の文章とくっつかないようにしましょう。

元々はツイッターのとある一人のユーザーが提案して、ローカルルールとしてツイッター民が使っていたのですが、多くのユーザーにハッシュタグが広がった結果、Twitter公式がサポートを開始し、正式な機能として実装されました。実装当初のハッシュタグは英語でしか使用できませんでしたが、現在では漢字・ひらがなを用いた日本語ハッシュタグが利用可能になりました。

この便利なハッシュタグはツイッターだけでなく、インスタグラムやフェイスブックなどのSNS、Youtubeなどの動画サイトでも用いられるようになりました。

ハッシュタグの使い方・例文

  1. #を使ってるのになんでシャープタグじゃなくハッシュタグなんだろう。
  2. ハッシュタグを使ってクラスタごとに話題を整理すると便利だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ